外食と薬と薬膳

1日30品目とか無理だから!せめて主食で17品目とかどうですか?

雑穀米 栄養バランス 手軽
あかりさん
あかりさん
 健康の為に1日30品目とるのが理想と言われてるけど、正直ムリって思うんですよね。
ゆくえりあ
ゆくえりあ
わかります!私も以前は1日5品目とかでした。薬膳を学んで食を意識し始めてからは、確実に17品目とれていますよ♡
あかりさん
あかりさん
なんですかそれ!私も知りたーい♪

「手軽に毎日」「栄養バランス」の両立は「雑穀米」で

実際に毎日食べている雑穀米

15穀ごはん 手軽にバランスの取れた食事
  • 炊く割合は「金芽米:雑穀米=1合:大さじ1」
  • 小さめのおにぎりにして外出先にも持って行く
  • お米なら1日1回は確実に食べる
  • これでごはんパンを焼く
  • 冷凍保存もできる

というわけで我が家はいつも

17品目=15穀+もち麦+いつもの白米

摂れていることになります。

 

炊くとほんのりピンク色でかわいい

炊いている途中から豆の香りがほわほわーんと漂ってきて、本当に満たされた幸せな気持ちになります。

同じ商品を探せなかったので以下のものを載せておきますのでご参考になれば幸いです。

こちらは表記が1種類増えて16穀になってます。

他にも黒豆やひよこ豆が入っていたり、商品のラインナップが豊富なようです。

>>>詳細は「はくばく」さんホームページをご覧ください。

15品目って何が入ってるの?

押し麦が一番たくさん入ってました

原材料名は、入っている量が多い順に載せると決まっています。

ですので例を挙げると、

  • 押し麦が一番たくさん入ってる
  • アマランサスよりキヌアの方がたくさん入ってる

という見方になりますよ。↓

  1. 押麦
  2. 黒米
  3. もち麦
  4. キヌア
  5. もちあわ
  6. 挽割とうもろこし
  7. もちきび
  8. 焙煎挽割大豆
  9. 発酵玄米
  10. 発芽玄米
  11. もち米
  12. 黒煎りごま
  13. 白煎りごま
  14. 挽割はと麦
  15. アマランサス
  16. たかきび

15穀米なのに16種類入っているのは

15穀+もち麦ブレンドだから!

なぜこのような表記方法なのかはわたくしにはわかりかねます。どなたか教えて頂ければ幸いです。

お待ちしていまーす。

中医薬膳での効能は?

15穀+もち麦の各効能を調べました

①番~⑤番まで

①押し麦 涼/甘鹹 脾・胃 益気/調中
脾胃虚弱証
食物繊維は白米の20倍
②黒米 平/甘 脾・胃・腎 健脾/補腎
気虚証/陰虚証
血管の健康を保つ
③もち麦 涼/甘 脾・胃 益気/調中
脾胃虚弱証
腸内環境を整えるスーパー食材
④キヌア 薬膳での解釈無し
薬膳での解釈無し
健康に必要な必須アミノ酸がすべて含まれている
美肌効果あり
⑤もちあわ 薬膳での解釈無し
薬膳での解釈無し
マグネシウムは白米の5倍
ひえと並ぶ日本最古の穀物

⑥番~⑩番まで

⑥とうもろこし 平/甘 大腸・胃 和胃/調中
疲労・むくみ・高血圧
※脾胃虚弱者に注意
⑦もちきび 平/甘 脾・肺 益気/補中
脾胃虚弱証
食物繊維・鉄分は白米の3倍
⑧大豆 平/甘 脾・大腸 健脾/補気
脾気虚証
アミノ酸スコア100
⑨発酵
玄米
平/甘 脾胃肝腎 補気/健脾
脾胃虚弱者は注意
更年期障害改善にも
⑩発芽
玄米
発酵玄米に同じ
同上
同上

⑪番~⑯番まで

⑪もち米 温/甘 脾胃肺 補中/益気
痰湿証者の常食は注意
食物繊維が豊富
⑫黒ごま 平/甘 脾肺肝腎 補腎/補肝
肝腎陰虚証
白ごまより栄養価が高い
⑬白ごま 平/甘 肺脾大腸 潤燥/
便秘・皮膚の乾燥・肌荒れに
抗酸化成分が豊富
⑭はと麦 涼/甘・淡 脾肺腎 滲湿/利水
風湿痺証/むくみ
※妊娠初期は注意
⑮アマランサス 薬膳での解釈無し
同上
骨粗しょう症に良い
⑯たかきび 薬膳での解釈なし
同上
ポリフェノール、食物繊維が豊富

 

以上、16種類です。

次に各食材の効能を観ていきましょう。

1番気になる薬膳的なバランス

薬膳の視点から食材を検証するときは主に3つの柱で考えます。

①四性(しせい) カラダを冷やすか温めるか
②五味(ごみ) どの季節・体調に合うか
③帰経(きけい) どの臓器に効くのか

その柱をもとに15穀米+もち麦ブレンドを検証してみました。

①雑穀米はカラダが冷たい熱い、どちらの方にもgood!

  • 温める食材・・・・1種類
  • 冷ます食材・・・・3種類
  • どちらでもない・・8種類
  • 不明・・・・・・・4種類

という結果になりました。

  • めまいがする
  • 手足が冷える
  • 頭痛がある

いろんな症状があると思いますが、どんな方にも合います。

②「甘味(かんみ)」に分類される食材がたくさん配合!

「甘味」の役割は主にこちらです。

  • 「気(き)」や「血(けつ)」を補う作用
  • 痙攣などを緩和させる
  • 脾・胃を整える

特に日本の梅雨の時期に積極的に摂りたい食材です。理由も載せておきますね。

  • 汗をかくと同時に「気」も失われてしまう
  • 「脾」は湿気にとても弱い

③脾・腎に主に効能がありどんな方にも合う!

なぜなら、「脾(ひ)」「腎(じん)」は誰にとっても強化して頂きたい臓器だから!

五行 バランス

「脾」はカラダの栄養や水分を巡らせる役割があります。

食材にこだわっている方、高価なサプリメントを飲んでいる方、「脾」を健康にすることでさらに効果が高まりますよ。

「腎」には「生命の源」がたくさん詰まっています。それは加齢とともに減少していきます。その源を補給してくれる食材が、この雑穀米には入っているんですね!

すごいです。

性味表(せいみひょう)はとにかく情報豊富

こちらがいつも薬膳の勉強をする時に使用している事典です。

  • 体調がすぐれない時
  • 夕食の献立を作るとき
  • スーパーに買い物に行く時

など、ほとんど毎日見ています。

食物性味表
ゆくえりあ
ゆくえりあ
こんな風に1つ1つの食材がずらっと並んでいます。

ビールやブルーベリーなども載っていますよ!

雑穀米は毎日を豊かなものにします

雑穀米、私はもう手放しません

  • ふりかけを混ぜて子供に食べさせる
  • ごはんパンを焼く
  • ブレンドし放題
  • 甘酒を作る

私のこどもはとーーーっても偏食なのですが、うまい具合に工夫しながら雑穀米を食べてもらっています。

もうすぐ6歳なのですが、これまでインフルエンザ・プール熱など一切かかったことがありません。雑穀米のおかげだなーと私は思っていますよ。

家族みんなで美味しく養生できるように、amazon 定期便を利用して常備するようにしています。

 

献立に悩む時間を削減して、あなたも養生してくださいね♡

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

炊飯器で甘酒。簡単な作り方(雑穀米を使用)

薬膳の勉強方法のポイント3つ、教えます!

薬膳はスーパーの食材でお安く実践できるって知ってましたか?

関連記事です