うっかりミスが多くて迷惑をかけてばかり。の時も薬膳ミラクルにお任せ

仕事上でのうっかりミスが多くて、「天然」とか「任せられない」とかの烙印(らくいん)を押されてしまった。がんばってるのに・・・

そんな状況、思い出すだけで悲しい気持ちになりますね。私にもありましたよ。「がんばってるのに・・・」と言うあなたは頑張りすぎかもしれません。

どんなに「気を付けよう」と思っても、そもそも「気」が足りていないんだから付けられるはずもありません。

一緒に養生してみませんか?

うっかりミス・ドジ、が続いた時は?

そういう時のおすすめは

  • くるみ
  • 山芋
  • いくら

です。

くるみをおやつに食べましょう。

「へ?くるみ?」と思いますよね。そうです、あのミックスナッツなどに入っているしわしわの実、くるみです。

スーパーには結構置いてあります。「腎」が弱っている時は塩味がついたものもお勧めなので、無塩かそうでないかはお好きな方を選んでくださいね。

好きなものを食べる事も、「気」を養生するには大事なことです。

ミスが続いて落ち込んだあなたを同僚が飲みに誘ってくれた時には、居酒屋では山芋メニューを頼みましょう。山芋ザクザクとろろとか、ですね。

上司や先輩が万が一、「覇をつけよう」と、ラッキーなことにお寿司をご馳走してくれる、という時にはいくらを頂きましょう。

そんなことあるいかいね。私はそんな経験はないです(笑)

ドジの烙印を押される時は「腎」が弱っています

「腎(じん)」の特徴

  • 寒さに弱い
  • 乾燥に弱い
  • だから冬には弱る
  • 人間の生命の本(もと)
  • 「気」のエネルギーが入っている

です。なので、

  • 睡眠不足
  • 毎日忙しい
  • 毎日寒い&乾燥

が続くと、「気」はどんどん失われ弱っていきます。疲れているのに睡眠不足が続けば、ミスが増えるのは当然なんですよ。

かと言って、大人になって働き始めると休めないですよね。

なので、そういう時は

  • くるみ
  • 山芋
  • いくら

「腎」を養生してくださいね♡

臓器だって助け合っています

「肺」が「腎」を助けています。

あなたが家族や職場の方と助け合ってチームを作っているように、カラダの中の臓器もチームを組んでいるんですよ。

「腎」を助けてくれる臓器は「肺(はい)」です。「肺」を元気にすることで「腎」も少しずつ元気になっていきます。

逆に、「腎」の弱りを放置していると「肺」も疲れて弱ってきます。

山芋は「肺」も養生してくれます。バター炒めなどのカンタン調理で構いませんのでぜひ食べましょう。

免疫力アップにもつながりますよ。

それともう1つ。1日1分でいいので深呼吸をしましょう。「北」の方角を向いて「高い山」を想像しながらすると効果てきめんですよ。

(怪しくないです。気学ベースの考え方です。)

「腎」が弱ると次は「肝」が弱ってきます

そしてなんと、今の疲れを放置していると、月経痛・イライラ・耳鳴り・めまいなどの症状が出てきたり、歳を重ねた時の更年期症状が重くなります。

早めに対処しましょう。

毎日できることからコツコツと!

今日も頑張っているあなたに愛をこめて、養生してくださいね♡