糖質制限ダイエット数週間でフラフラして肌がガサガサになった私の話

薬膳の勉強を始めた時期より少し前、私は妊娠時に増えた体重を落としたくて糖質制限ダイエットに挑戦しました。結果、数週間で3キロの体重が減り喜んでいたのですが・・・

  • 食欲が落ちた
  • 顔色が悪くなった
  • 元気も無くなった
  • 全身の肌がガサガサ
  • 常に地面が揺れている感じのフラフラを感じる

の症状が表れました。それでも体重が減るのが嬉しくて続けたのですが、症状がどんどん悪くなり、糖質制限ダイエットは止めました。

あなたは大丈夫ですか?

体重が減る事=健康や美しさ ではありませんよね。カラダにどのような事が起こったのか、中医学をキホンに一緒に考えてみましょう。

糖質制限ダイエットで「気」が不足!

「気」はあらゆる生命活動の源です

フラフラの理由は「気(き)」の不足

中医学を学び始めたころ、先生に「糖質制限ダイエットを始めたら、とってもフラフラする」と相談させて頂きました。すると、「それは気虚(ききょ)だよ」と秒で答えが返ってきました。

「気虚(ききょ)」=「気」の不足、エネルギー不足

カロリー不足にならないようにお肉や卵などのたんぱく質は多めに摂ってはいました。

でも、お米の量をだいぶ減らしていたので「フラフラ」「ガサガサ」などの症状が出てしまったんですね。

中医学を学んだ今、それは当たり前だなーとしみじみ思います。

「気」ってどんなイメージを持ちますか?

「気(き)」と突然言われてもピンと来ないですよね。私の1番しっくりくる「気」イメージは、アニメのドラゴンボールにあります。

ドラゴンボールの主人公、孫悟空がたまーに使う「元気玉」ご存知ですか?

敵を倒すために大地や海から「気」を少しずつ分けてもらって、大きなエネルギーの塊を作って敵を一撃。そして倒すのです。自然のもの、みんなが持っているもの、ですね。

あともう一つ、トム・ハンクス主演の映画、「グリーンマイル」に出てくる大男が口から吸ったり吐いたりするキラキラしたもの(あるいはドス黒いもの)。

あちらも私の持つ「気」のイメージです。

イメージ、つきますか?

あーー!伝わって欲しい!!!

「気」はカラダを作る物質的基盤の1つ

「水(すい)」は「津液(しんえき)」とも

カラダを構成する物質的基盤は3つあります。

  1. 「気(き)」
  2. 「血(けつ)」
  3. 「津液(しんえき)」

どれが一番大切かなんてありません。この3つがバランスよく働くことがとっても大事!

そして、中医学では、この「気」は実際に存在する物質だと考えられているんですよ。

おもしろいですよね。

糖質制限でふらふらしたら、とにかくお米!

お米は「気」の補充に最適です

お米を食べる事で、

  • 消化器全般を温める
  • 消化機能を促す
  • 活動エネルギーが補われる

そして、

  • 「血(けつ)」がカラダを巡る
  • 「津液(しんえき)」がカラダを巡る
  • カラダ全体が温められる

結果、以下の症状が私は消えました!

  • 食欲不振
  • 顔色が悪い
  • 元気も無い
  • 全身の肌がガサガサ
  • 常に地面が揺れている感じ

体重は少し戻りましたが、それでもいいんです。

効果的なダイエットは体質次第

私のいとこは〇イザップで大成功

私のいとこは〇イザップで糖質制限ダイエットをしています。短期間で痩せて本当にキレイになったし、インスタにも記事をアップしたり、本人も楽しそうです。

そのいとこに私の体験を話すと「向いてなかったんだねー」とひと言。

そうなんですね、私の体質には向かなかったんです。もともとエネルギー不足になりやすい体質なのかもしれません。お肉はがっつり食べていたんですが・・・。

お水を飲む方法も向いてなかった

お水を1日に2リットル飲む健康法(ダイエット?)ありますよね?あちらも体質によって向き不向きがありますよ。

こちらも私は向かなかった(笑)

健康や美容にいいとわかっていても、「お水を飲むのが苦しい」と思ったことはありませんか?あとは、喉が渇いているのに全く飲む気がしない、とか。

こちらも体質が原因です。無理しないでくださいね。いずれ記事にしたいと思っています。

頑張り屋さんのあなた、ムリすることがクセになっていませんか?

今日も養生してくださいね♡